About スレげっとロボ

このブログはスレッドの選別からレス抽出まで完全自動投稿されています。
なお、匿名での知的財産権による削除申請は受けかねます。
削除完了の連絡をする手段を残しておいてください。

このブログに記事を自動投稿しているプログラムをInutuka Linの研究室にて公開しています。

2012年1月21日土曜日

最早別ゲーに成り果てたバイオハザードシリーズの新作が発表 リメイク1の様な バイオはもう出ないのか (12)

1: あふぃりえいと(長崎県) 2012/01/21(土) 04:55:10.85 ID:U3Yxl0Ui0● BE:747833639-BRZ(11304) ポイント特典
sssp://img.2ch.net/ico/yukiusagi.gif

●物語の舞台はアメリカ&中国、クリスとレオンが初共演



(前略)

続いてディレクターの佐々木氏から『6』のストーリーが紹介された。本作の物語は『バイオハザード2』などで描かれたラクーンシティの事件から十数年後が舞台となっており、この時代、世界各地ではバイオテロが頻発している。
合衆国大統領はそれに歯止めをかけるべく、大統領直属のエージェントで友人でもある“レオン・S・ケネディ”とともに“ラクーン事件の真相”の公表を決意するが、講演当日に会場で大規模なバイオテロが発生してしまう。
そしてレオンは、映像でも描かれた通り変わり果てた姿の大統領と対面することになる。時を同じくして、対バイオテロ組織“BSAA”隊長“クリス・レッドフィールド”は未曾有のバイオテロにさらされた中国へと降り立つ。
佐々木氏の説明によれば、本作の物語はアメリカと中国が同時進行。なかでもメインとなるのは中国の“ある都市”だという。なお、第3の主人公である謎の男と、彼に同行する金髪の女性がどこにいるのかは現時点で明らかにされていない。
そのほか、物語の見どころとして、佐々木氏は人間ドラマに力を入れていることを強調。たとえば、レオンに対して「私が、やったの…」と事件を引き起こしたことを告白する女性“ヘレナ・ハーパー”との関係。
レオンは彼女とともに事件の真相を探ることになるのだが、その中で大統領暗殺の容疑者として追われることになってしまうそうだ。

(後略)
http://www.famitsu.com/news/201201/21008754.html

動画
http://www.youtube.com/watch?v=4rEnZ7mnKLM



3: アフィーン(dion軍) 2012/01/21(土) 04:57:12.62 ID:bnGUln2Q0
面白そうって思ってたけど中国が舞台になるのかよ
5: ステマラー(WiMAX) 2012/01/21(土) 05:06:15.76 ID:T1pZluDy0

敵がキョンシーならやってみたい

0 件のコメント:

コメントを投稿